Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同人誌の値段

拙者がこれから作ろうとしている本の仕様はと申しますと、A5、64P、本文モノクロの、完全オリジナルの文芸同人でございます。これだけで原価が分かる人には分かっちゃうと思いますゲス。これを一部500円で売ろうと思っております。もう同人玄人の方には、何部以上売れれば黒字というような損益分岐点もわかってしまうとおもうゲゲス。

オリジナルの文芸同人でしかも拙者は無名ですので、同人誌特有の高くても買ってくれるお客様なんてものは絶対におりません。したがって、たくさん売るにはとにかく安くしなければいけないのだと思いますゲス。

たぶん、買う人の気持ちで考えると、内容が薄くても安いほうが買いやすいでせう。800円の総集編より100円の短編コピー本。二次創作ならともかく、オリジナルでマンガでなくてしかも表紙見ただけで判断するとしたら、間違いなく薄くて安いほうを選ぶとおもうでゲス。

一方、つくり手の気持ちでは、少なくとも私にとって同人誌なんてものは利益よりも表現欲ですから、内容はいくらでも濃くしたい。詰め込みたい。値段さえ考えなければ、可能な限り厚くしてしまいたいのデス。ところが、同人誌の原価はほとんど厚さ、ページ数で決まってしまうのでス。これはオフセットでもコピー本でも同じことです。

内容を詰め込みたい、でも薄く安くしないと買ってもらえない。そうなると考えるのは、少ないページにいかに詰め込むか、になりますが、そうすると今度は文字がちっさくて、見た感じがいかにも読みにくそう、てなことになってしまいます。あんまり文字がデカくてもボられてる感じがいたしますが、すんごいちっさい文字でしかも2段組なんて、読むのメンドクサってなっちゃいそうです。書き手が無名であればなおさらそうでしょう。

今回COMITIA82に出す「白い傷」の場合、A5というサイズはけっこう初期から決まっていましたが、64Pという仕様は、実は悩みに悩んだ結果だったりします。つくるの初めてなんで悩んでもしょうがないのかもしれまへんが、無い頭しぼって考える限り、価格もギリギリ(これ以上高いと売れなそう)、原価もギリギリ(PP加工なんてとんでもない)、内容は限界まで詰め込んで、文字の大きさも限界、ということになっています。非常にガチムチでございます。

ま今回はなんせ初物なんで、やるだけのことはやったら結果を待つしかありませんが、次回からは感触を見て薄くするなり濃くするなりしていけるんではないかと思いまス。

テーマ:同人小説 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://0tas.blog118.fc2.com/tb.php/42-2b39ed40

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

0tas

管理人:佐藤(サークル代表)
0tassat0@gmail.com
http://twitter.com/0tas
同人誌の情報はカテゴリー→告知をご覧下さい

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

 

アンテナ

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。