Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超S宣言

正確なタイトルは『宇宙時代の処世術ー(宇宙適)超S宣言』だ(長い)。森井聖大さんが書かれた本である。
http://nazehenshubu.blog38.fc2.com/blog-entry-736.html

↑の書影だとわからないが、第十八回文学フリマでは麻紐で縛った状態で配布されていた。紐をつかった装丁といえば鹿ソウルさんの本があった。こちらではページをとじるために用いており、正当な用法である。一方、『超S宣言』の場合は本自体を縛ってしまっており、紐をほどかないと読めなかったので、めんどくさい。

「Kというのは名前のイニシャルか?それとも夏目漱石のこころから?」
「きちがいのKよ」


文章を読み解くという行為には多少の忍耐が要るもので、この本の場合は、「S」が何を意味しているのか知るためにKが登場する場面まで読み進めなくてはならない。ちなみに僕自身はNである。僕が2011年の暮れにはじめた『文学フリマ非公式ガイドブック』という企画(最近タイトルが『文学フリマガイドブック』にかわった)は、とりあえず種を撒いておけば後の世の人がなんとかしてくれるだろうという魂胆のもとに立ち上げたものであり、超個人主義者たるSの発送としてはありえない。

『超S宣言』はS向けに書かれた文章ではあるのだが、Nの僕にもああわかるなあと思える部分も多々ある。以前つきあいのあった今おもえばSである人物は、社会的なことをあまり気にしないというか平日の昼間に電話をかけまくってくるので頭にきて付き合うのをやめたのであるが(Nは平日の昼間は勉強なり仕事なりで忙しいにきまっている)、一方でそいつは中々あたまがよく魅力的な企画を思いついたりする。そして、僕にその企画に参加しろというので面白そうだからやるぜという気持ちになるのだが、Sゆえなのか、そこから先はぱったりと企画が進行しない。3ヶ月後くらいにイメージイラストを1枚描いて、また何もしなくなったりとか、そんな感じなのである。何か思いついたふうなことを言うだけ言って何もしないヤツを見ると、僕はイライラするのだ。「コレコレこういう問題があるんですよネェ……」などと言い捨てて僕が解決するのを待っているやつなんかは金玉が腐って死ねばいいと思う。こういうことを思う自分は、まったくもってNなのだろう。

自分のことを色々かいたが、『超S宣言』の内容とは全然関係ない。『超S宣言』を乱暴に説明すると、森井聖大さんが自分のことを色々かいた本である。森井さんは面白い人なので、この本は面白いのだ。もし、つまらないヤツが自分のことを色々かいたとしたら、そんな文章はつまらないに決まっている。だから、つまらないヤツは小説を書くしかない。

それから、前作の『エロオナニスト宣言』もそうだったが、読んだあとで謎の活力がわいてくる。これは本当に不思議なのだが、よし、明日からもがんばろうという気になれるのだ。少なくとも、本作を読んだ誰ひとりとして、暗い気持ちにはなるまい。もしかすると、これがシャーマンの力なのかもしれない。

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://0tas.blog118.fc2.com/tb.php/384-6508b5d7

«  | HOME |  »

2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

0tas

管理人:佐藤(サークル代表)
0tassat0@gmail.com
http://twitter.com/0tas
同人誌の情報はカテゴリー→告知をご覧下さい

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

 

アンテナ

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。