Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2値化らはじまるMiracle

原価が高くなるので表紙を含めカラーはやりませんが、となると面倒なのが画像の2値化です。プックンあまり絵が描けませんので(今回は「白い傷」収録作品用に1枚だけ描きましたが)、佐藤(仮)先生にお願いしているところ以外の、表紙とか目次のページにちょっとした絵をいれたい場合、画像ファイルを用意して2値化、すなわちモノクロのドット絵にする作業が必要になります。

しかしただ2値化すればいいというわけではなく、オフセット本にしたとききれいに出るように、ある程度粒子を荒くしてやる必要があります。一方で、あまり荒すぎると画像のニュアンスが失われてしまいます。そのへんの兼ね合いが六つかしいです。つかオフセット本をつくるのは初めてなので、うまく仕上がるかどうかまだ自身がありません。目次のページが特にヤバくて、一度手直ししたのですが、どう仕上がるか…ひょっとすると潰れてしまうかも。うまくいったらおなぐさみ、という所です。

いまのところ2値化について「コレ!」という決定的な手法は見つかっていないのですが、

1.カラーの画像を実物のサイズにまで縮小しておく(大きい画像のまま2値化してしまうと、あとでつぶれる)

2.てきとうにフィルタをかける。ノイズ除去して明るさを調節したあと、シャープネス等をかけて、境界を強調しておく。

3.2値化する。パターン、誤差拡散、ディザなど一通り試してみて、原画像のニュアンスがいちばんでているものを選ぶ。

という手順がいまのところ良さそうです。(結局カット・アンド・トライ…)

「白い傷」の本で、いちばん手間をかけた2値化の仕事は、裏表紙の猫です。これは当面使いまわそうと思ったので、上記の手順のほかに、背景を人手で除去、原画像をペイントツールで修正、2値化後の画像を人手でプチプチ修正…などというドット絵職人みたいなことまでやりました。手にとられた方は、よろしければそのへんの苦労のあとも見てやってくれればと思います是非。

テーマ:挿絵・イラスト - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://0tas.blog118.fc2.com/tb.php/37-f5335b27

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

0tas

管理人:佐藤(サークル代表)
0tassat0@gmail.com
http://twitter.com/0tas
同人誌の情報はカテゴリー→告知をご覧下さい

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

 

アンテナ

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。