Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第十六回文学フリマin大阪 佐藤参加報告

小説サークルとして同人誌即売会に参加し、ブースに座っていると、みんないろんな立ち読みのしかたをするんだな、といつも思います。最初のページを読むひと、2、3ページ目あたりから読むひと、真ん中から読むひと、最後から読んじゃうひと。パラパラとめくって、たまたま止まったページに目をとめる、というパターンも多いようです。

立ち読みをした人に、その本を買ってもらおうとするなら、たとえどの部分から読まれようと、もっと読みたいと思ってもらえるようにしておかなければならない。短編だろうが長編だろうが、全ての章、全てのページ、全ての文が魅力的でなくてはならないんだと思います。それは、僕ら小説を書いて売る者が尽くすべき、大切な務めでなのでしょう。

と、前置きはこのへんにして…

『第十六回文学フリマin大阪』に参加しました。当サークルからの頒布数は、計51部でした。
(個人誌)
●既刊 ダイヤモンドの戦士 20部
●既刊 アイデアル・ワールド 5部(完売)
●既刊 迷宮図書 8部
●既刊 白い傷 1部
●既刊 予防探偵ネロ 1部
(合同誌)
●新刊 文学フリマ非公式ガイドブック小説ガイド第3版 11部
●既刊 文学フリマ非公式ガイドブック小説ガイド第2版 5部

上記の文学フリマ非公式ガイドブックについては、うちのブースからの頒布数です。全ブースの集計はまだできていません。集計したらこちら(http://bunfreeug.web.fc2.com)に掲載する予定です。

大阪のかたは財布のひもが固いなんて聞いたので心配していたのですが、そういうことはなかったです。僕の印象としては、東京開催とおんなじ感じでした。ただ東京のTRC開催に比べると客層が広くて、蒲田開催に近かったと思います。個人的には、いろんなお客さんに来てもらえたほうがうれしいので、よかったです。島中は時間帯によっては人通りが少なかったけど(いつものことですが)、会場は活気があったし、結論としては、大阪いいじゃん!と述べたいと思います。

それと、今回はブースを放置してけっこう会場をまわりまして、初見っぽいサークルさんを多くみかけ、買った冊数は十何冊かだと思いますが、いい買い物ができたような気がしています。が、読んでみないことにはわかりません。

ところで、当サークルの『アイデアル・ワールド』の初版は、本イベントをもって完売となりました。初めて書いた長編ということで、思いいれのある作品でした。読者のかたにも愛していただけた作品だと思います。多くの小説同人誌がそうであるように、同人誌としての本作品は、初版で絶版となります。読んで下さったみなさま、ありがとうございました。

http://d.hatena.ne.jp/jugoya/20130414

テーマ:同人活動 - ジャンル:サブカル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://0tas.blog118.fc2.com/tb.php/366-bf84f61e

«  | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

0tas

管理人:佐藤(サークル代表)
0tassat0@gmail.com
http://twitter.com/0tas
同人誌の情報はカテゴリー→告知をご覧下さい

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

 

アンテナ

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。