Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UTSUWA(『スイマー』より)

第十五回文学フリマの少し前に、文学フリマ非公式ガイドの第一版について連続ツイートしたとき、よこい隆さんの文章を引用した。『銀座線第17号』収録作の『ともだち』の推薦文である。

「物語でしか小説を読めない方には、あるいは退屈な小説だろう。だが小説とは、文章と出来事の連鎖なのであり、それを現前させているのがこの小説だ。」


僕は、なんとなく感じるところがあってこの部分を引用したんだけど、ちゃんと理解しているかと言われると、正直怪しかった。僕は自分でも小説とか書いているわりに、文章そのものにはとんと疎いのである。

ところが先日、サークル「スイマーズ」さんの『スイマー』という本に掲載された、佐藤芙有さんの『UTSUWA』という小説を読んだとき、先のよこい隆さんの一文が急に思い出されて、ピンときたのである。そうか。これがアレなんだ、と。

http://minasoco.jimdo.com/

いや、ひょっとすると違うのかも…。

まあ僕の理解がおかしいとしても、それは僕なんだから仕方がないのである。とにかく『UTSUWA』は物語を追うばかりが小説ではないということを、強固な説得力をもって僕に理解させてくれた。

『UTSUWA』では、あるモデルとそれを撮影する写真家が描かれるが、本作を「小説」という言葉を使わずに説明しようとするならば、写真集に近い。もちろん、優れた写真家の作品がそうであるように、佐藤芙有さんが現実から切り出したヒトコマの情景は、現実を凌駕している。

ちょっとだけ転載させていただくと、

「二つの器に、切った寒天をざらざらといれてやる。ミツのしわしわの、シミの無数に浮き出た腕は、水に濡れて光っている。彼女の肌は容易に水を弾くことはないのだ。太いけれど、星の数ほどの作業をこなして繊細な動きを骨にしみ込ませた指が、寒天をつかみ、一見ぞんざいに、器の中に積み上げていく。」


この描写における、寒天に接する指の腹のニュアンスたるや! やさしく、とも、そっと、とも書かれていないのだ。

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

コメント

探偵GODです

はじめまして探偵GODです。
これは勉強になります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://0tas.blog118.fc2.com/tb.php/359-9c7935d2

«  | HOME |  »

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

0tas

管理人:佐藤(サークル代表)
0tassat0@gmail.com
http://twitter.com/0tas
同人誌の情報はカテゴリー→告知をご覧下さい

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

 

アンテナ

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。