Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕たちのゲーム史

 僕はゲームばっかりやって大人になった人間なので、ゲーム脳が本当だとしたら、それはまさに僕の脳なのである。ゲームに対するネガティブな風説なんか鼻で笑ってきたけれど、インターネットを通じて才能のある人々を眺めていると、自分の人生が空虚に思えて落ち込むこともあったりした。そんな僕の人生をもう一度埋めてくれたのが、このあいだ発売した新書、さやわかさんが書いた『僕たちのゲーム史』であった。ゲームというのは、もちろんコンピューターゲームのことである。

http://ji-sedai.jp/book/publication/game.html

 本書はゲームの歴史を通じて、僕たちがなぜゲームを楽しんでこられたかを説明している。ゲームが楽しいことは当たり前だったハズなのに、僕はそのことを忘れていた。僕の子供時代は決して空虚ではなく、ちゃんとゲームばっかりやっていたのだということを、この本は思い出させてくれた。

 僕のためにあるような本なので、当然のことながら隅から隅まで面白かったわけだが、特に感銘を受けたのが1997年について書かれた部分である。本書の中で、さやわかさんはこう述べている。

 もし「長いゲームの歴史を、どこか一カ所で区切ってくれ」と言われたら、僕なら1997年を選びます。
(中略)
 1998年以降のゲームを楽しめる人たちは、それ以前に取っつきにくさとを感じるかもしれません。逆に1997年までのゲームが好きだった人は、それ以降のゲームは大きく変化してしまい、あまり遊びたくないと思うかもしれません。


 衝撃だった。まさにその通りだったからだ。
 あの頃、僕の生活には大きな転機があった。具体的には、上京した。毎日とても忙しくて、たまに友人と趣味の話をすると、「忙しくてゲームは殆どやっていない」なんてことを話すようになっていた。でも、よくよく考えてみれば、僕の一人暮らしの部屋にはちゃんとプレステがあったし、ドリームキャストは上京してから買ったのだ。僕は忙しくても、ちゃんとゲームソフトを買って遊んでいた。にもかかわらず、わざわざ「ゲームは殆どやっていない」という態度をとろうとしたのは、なぜだったか。
 それは、ゲームをつまらないと感じるようになっていたからだ。メタルギア・ソリッドは楽しめたが、その第2作はつまらなかった。ファイナル・ファンタジーⅦは2周目まで遊んだにもかかわらず、Ⅷは2時間ほどで投げ出してしまった。大好きだったはずのゲームがいつの間にか楽しめなくなったことに、僕は耐えられなかった。だから、「やっていない」ことにしてしまったのだった。『僕たちのゲーム史』の中で語られた歴史は、そんなことまで鮮明に思い出させてくれた。

 反対に、僕がゲームで遊ぶ理由がはっきりとわかった。それは、楽しいからである。ひぐらしのなく頃には全部やったし、The Elder Scrollsシリーズの4作目であるオブリビオンでは、最近まで遊んでいた。本書はそういったごく最近のゲームにも触れ、そしてゲームの未来についての内容で締めくくっている。

 この本では、当時ゲームのまわりにいた人々の言葉が数多くとりあげられている(それがまさに本書の中核でもある)。ゲームの開発者が主で、ゲーム関係の情報誌に載せられた文章も引用されているが、どれも大人たちの言葉である。一方で子供だった僕は、ただひたすらゲームをプレイするだけだったけれど、本書を通じておよそ三十年のゲームの歴史を見渡すと、それが築かれていく中に自分がいたのだと、確かに感じるのである。

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://0tas.blog118.fc2.com/tb.php/352-9c6e919e

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

0tas

管理人:佐藤(サークル代表)
0tassat0@gmail.com
http://twitter.com/0tas
同人誌の情報はカテゴリー→告知をご覧下さい

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

 

アンテナ

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。