Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文藝同人LOL 第13号

安定と信頼の文芸同人『LOL』第13号を第十二回文学フリマにて買わせていただいた。今回はオフセットでの刊行。この演劇の台本っぽいたたずまい。この本はまさに、演劇関係の方が書かれている同人誌なのである。

『ごはんつぶ』(おもね りこ)
たいしてグロくもないのにスレタイに【グロ注意】とか書いちゃう奴は、まず正座してこの短編を読むべきである。最低の人生のヒトコマを切り取った本作『ごはんつぶ』が描くのは、人間のリアルでありグロテスクである。メシ食って仕事して欲望を満たしている連中、つまり生きている人間を100%そのまま描いたら、グロテスクな作品になった。当然のことのようにも思えるが、それが本当にできてしまうのが作者のおそるべき才能なのだ。殺したい相手を本当に殺してしまう才能、とでも例えたらいいのか。独特の、とりとめのない話のような語り口も、まさにこういう作品を書くために体得されたかのようである。もう口の中いっぱいに臓物の味が…

『ナンデモナイ』(屋代秀樹)
おどろきの夢野久作二次。ユメキューの良いところをとりすぎているので、ユメキューを読んだことがない人にはもったいないかもしれない。というか、これ読んだらユメキュー読まなくてよくなる。ユメキューをこれから読みたい人は、原作を先に読んでからこっちを読んだらいいと思います。ただの二次創作におわらず、ちゃんと探偵小説的に落としているところがかっこいい。

あと、もちろん石橋さんも健在。僕のなかで石橋さんは夜チューハイとか飲みながら歩いているという妙なイメージがあったのだが、わりと本当にその通りだったので驚いた。

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://0tas.blog118.fc2.com/tb.php/315-6b156be4

«  | HOME |  »

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

0tas

管理人:佐藤(サークル代表)
0tassat0@gmail.com
http://twitter.com/0tas
同人誌の情報はカテゴリー→告知をご覧下さい

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

 

アンテナ

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。