Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PNOS Ver1.0

風華ソフト『PNOS Ver1.0』を入手したのは5月だったのに、ようやくこのあいだプレイした。ゴッチャゴチャに積み上がった本棚の底のほうにあったというだけの理由で、手をつけるのが遅くなったのだ。怠惰としか言いようがない。しかもこれが面白かった。もっと早くやるんだった。

風華ソフト http://kairou.com/who-ka/
PNOS特設ページ http://kairou.com/who-ka/pnos/
雲上四季 http://d.hatena.ne.jp/sinden/ …どこにリンクすりゃいんだ?

自分はメタフィクションとは何なのかあまりよくわかっていなかった。小説について書いた小説とか、映画自体を題材にした映画とか、そういうものをメタ的であると呼ぶらしいが、そんなん説明されても何ソレというカンジでいまいちピンとこず。しかし『PNOS』をプレイしてみたらナルホドこれか!と思った。コンセプトは「読むRPG」ということのようだが、実際やってみてわかったのだが、これは「ゲームみたいな日常をマクロな視点で扱うゲームを題材にした小説」なのであった。つまり小説なのだが、というか自分にとっては小説だがコンセプト通りに解釈すればロールプレイングゲームなのである。それは読み手次第なのだが、その話は後で。

で「ゲームみたいな日常をマクロな視点で扱うゲームを題材にした小説」の何が良かったのかというと、第一にはマクロな視点へのダイナミックな転換の面白さである。この面白さを面白いと思えるためには、読み手にRPGというものについての認識が十分に備わっている必要がある。少なくともドラクエとFFとメガテンかWIZかダンマスくらいは体験してきてないといけない。なぜなら導入部分でこれがゲームであることを十分に説明しないからである。もちろんこれは短所ではなくて、視点のダイナミックな転換を行うための演出である。「ダンジョンらしきトコロにいる主観の持ち主が敵に遭遇した」というあやふやな状況だけで読み手にこれがゲームだと認識させ、ところがアレヨアレヨという間に場面が展開して、気が付けばさっきまで主観で視ていたものが客観に変わっている。多分こういうことがメタフィクションの面白さであり(あんまり詳しくないけど)、何らかのジャンルが飽きるほど消費しつくされた土壌の上に成立する作品の形式なのであろう。

上記のような演出によって『PNOS』では始めるとすぐにスペクタクルがくる。導入としては最高である。メタフィクションというものをわかっていない自分の小説では、コツコツコツコツと前提条件を積み上げていって最後の最後にようやくやってくるような盛り上がりを導入でやれるわけだから、そりゃ当然カナワナイのである。実は始めた時刻が夜遅かったので、インストールの確認くらいでやめとこうと思って始めたのだが、止まらなくなって結局全部やってしまった。テンポがいいんだよね。ねむいからこのへんでやめとくか、と思わせないところがすごいと思う。

不満はあんまり無いけどあることはある。前述「その話は後で」の、自分にとっては小説だが…ということに関係しているのだが、『PNOS』におけるマクロ視点では、ゲームのような日常それ自体についての疑問を解き明かすことが物語の軸になっている。読み手が課題に真面目に取り組もうとすればこの作品は「読むRPG」と捉えられることになるが、そうではない読み方、例えばマクロ視点を象徴する存在である「百色眼鏡」とその世界における主観が謎を解くのを待つ、あるいはそもそもマクロ視点に興味を持たない、というような態度をとる場合、読み手にとってこの作品は「RPGのような読み物」と捉えられる。まるで後者が不真面目なような言い方だが、自分は、大抵の人はそんな読みかただし、それで良いんではないか、と思う。不満があると述べたのは、マクロな視点でのゲームを進めるのを急ぐあまり、ミクロな視点、すなわちゲームのような日常に生きるキャラクターの描写が疎かになる場面がある、という点だ。Ver1.0に収録された3話のうち最も長い『鋼一郎最後の夜』の結末の付近で、そんなことを感じた。もちろんマクロな視点の謎解きにも魅力があるので、些細な問題なのかもしれない。

でもこれがもっと書き込まれてボリュームがあったらマジで徹夜になっていたかもしれない。第九回文学フリマでは『雲上回廊』というサークル名で出店されるそうなので、Ver2.0があったらぜひ購入したい。

テーマ:同人小説 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://0tas.blog118.fc2.com/tb.php/251-2dd666bb

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

0tas

管理人:佐藤(サークル代表)
0tassat0@gmail.com
http://twitter.com/0tas
同人誌の情報はカテゴリー→告知をご覧下さい

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

 

アンテナ

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。