Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよならという子

この間、第十五回文学フリマで買った本だ。義里カズ氏の作品である。

さよならという子』、その名はシーユー。さよならが、彼女の名前である。

シーユーは爪を切らない。シーユーは窓辺で寝る。シーユーは外に出たがらない。シーユーは自分のために贅沢をされると怒りだし、ホールで買ったケーキを十六ぶんの一しか食べない。

ああ、シーユーのかわいさ! 僕はシーユーを忘れられない。

名前ってのはとても大事だ。別れの言葉が名前になっているということだけで、ある日とつぜんエリーの部屋にあらわれた彼女が、よけいにはかなく思えるのだ。まださよならは言いたくない、と。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の感想等 - ジャンル:小説・文学

«  | HOME |  »

2012-11

プロフィール

 

0tas

管理人:佐藤(サークル代表)
0tassat0@gmail.com
http://twitter.com/0tas
同人誌の情報はカテゴリー→告知をご覧下さい

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

 

アンテナ

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。