Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤンソンを読む

ソベルテクァイユさんの『ヤンソンを読む』は第十一回文学フリマで買わせていただいた本で、タイトルの通り、トーベ・ヤンソンの作品に書かれていることについて書いてある。表紙にタイトルすらないこの本は、それ自体とても面白く、僕はこの本を読んだあと、『たのしいムーミン一家』をはじめとするシリーズを5冊読んだ。三糸ひかりさんが好きなヤンソンの作品を僕も好きになれたので、『ヤンソンを読む』は成功した作品である。

ムーミンのシリーズは子供向けに書かれた本であるから、子供はすんなり読むことができ、作品が語っていることをスポンジのように吸収できるだろう。だが大人は、そうはいかないかもしれない。子供でなくなった大人がムーミンの世界に触れるには、たぶん『ヤンソンを読む』のような本が必要なのだろう。三糸さんにはそれがわかっていて、自分が好きなものについて他のひとに興味を持ってもらうために、大変な労力をかけてこの本を制作されたのだと思う。

ムーミン以外の、短編なんかもそのうち読みたい。それから、ソベルテクァイユさんのほかの本も読んでみたい。ソベルテクァイユさんは第十二回文学フリマにも出店されます。
スポンサーサイト

テーマ:同人小説 - ジャンル:小説・文学

«  | HOME |  »

2011-06

プロフィール

 

0tas

管理人:佐藤(サークル代表)
0tassat0@gmail.com
http://twitter.com/0tas
同人誌の情報はカテゴリー→告知をご覧下さい

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

 

アンテナ

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。