Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8回MMD杯 感想

第8回MMD杯に投稿された作品を一通り見た。そしてなんかすごく面白かったし感動した。僕はボカロはじめMMD動画については、にわかファンであるのだが、このいまの気持ちを残したいと思ったので、いくつかの作品について感想を書いておく。

【第8回MMD杯本選】本気の BEAT IT
 PVとしては本大会で最高の出来だと思う。ボカロ曲の『ワールズエンド・ダンスホール』と『BEAT IT』のボーカルが、まさかの融合をとげたマッシュアップ作品。怒涛の編集からは、まさに「本気」を感じる。何度見ても飽きない本作だが、最後に「TO BE CONTINUED」と表示されるのが気になる。この上、さらに何をやろうというのか…

【第8回MMD杯本選】ぷちテトのだいぼうけん
 ゲキド街へ引っ越してきた転校生のぷちテトが、一人で電車に乗り懐かしい町を目指す物語。全編がボカロ曲の『ハロー、プラネット。』にあわせてつくってあり、ストーリーの起伏にメロディラインがうまくマッチしている。ぷち大集合であり、ぷちと大人がうまく使われている。(他の作品でもそうだが、ぷちと大人が同じ画面に出てくると親子に見えてしまうのが不思議といえば不思議だ。)テト好きの俺得動画だが、それ以外の人にもお勧めしたい、心温まる良作だと思う。

【第8回MMD杯本選】禁断の惑星【すこしふしぎSF】
 古き良きSFのにおいがする、ショートショートの良作。こちらも、ぷちミクと大人ミクが効果的に使われている。BGMもいい。SF作品では、【第8回MMD杯本選】1万年後の初音ミク もよかった。

【第8回MMD杯本選】 24KEYs【初音ミク】【MMD PV】
 この時代性に富んだ素晴らしい作品は、MMD杯といえば定番の公式ソング『Let's Dance Now!』に対するアンサーソングであるように思う。『Let's Dance Now!』は、MMDの新規ユーザーへの応援ソングであるとともに、MMDによってもたらされる創作の容易性をうたっている。その点に疑いの余地は無い。じゃあ、MMD杯に投稿されているあまたの作品は、鼻クソほじりながらチャチャっと簡単に出来上がっているのかといえば、それは違う。確かに、彼女はそこにいて、思うがままにうごかせる。しかし、ではどう動けばよいのか、何を語らせるのか、表情は、ニュアンスは、世界観は、演出は、そしてストーリーは? 創作の最も苦しい部分は、昔と何も変わっていない。ツールが向上して、誰でもできるようになったとしても、それをやろうとすれば、誰もが産みの苦しみを味わうのである。
 新しい悩みもある。「誰でもできる」を言いかえれば、「誰もがやっている」ということになり、――新しい何かをはじめようとしても、すでにあらゆることがやりつくされている。自分がやることに意味はあるのか。創作を行う誰もがぶつかる悩みだ。
 そんな、創作を行うたくさんの人々の苦しみや悩みに、この歌と、このPVは答えている。あなたがやることに意味があるのだと。あなたが作れば、それはあなただけの作品なのだと、24人のミクさんがそう言っているのだ。

【第8回MMD杯本選】 祝!初音ミク初歌唱コンサートドッキリ!【MMD-PV】
 『Let's Dance Now!』を使ったPV。バーのミニライブに出演するつもりのミクさんを待っていたのは、手作りのコンサート会場と満場の観衆…! ミクさんへの愛が溢れる、もらい泣き必至の作品。

【第8回MMD杯本選】オリジナル「Walk without you」【巡音ルカ】
 ルカ姉さんのかっこいいPV。しかもいいメガネ。僕がボカロ作品をまだあまり知らないというだけかもしれないが、どうもルカ姉さんをうまく使いきれている作品が未だに少ない気がするのだが(というかミクさんとGUMIに集中している?)、これならルカ姉さんも納得なんではないか。英語だと調教が良いのかどうかよくわかんないのは秘密。

【第8回MMD杯本選】しゃべるちんこ
 良い意味で最低。つーかリンを起用するセンスに脱帽。そういえば本家である2700は、キングオブコント2011のネタでキリンと象のかぶりものをしていたくらいなので、こういう面白さをわかってくれるかもしれない。

【第8回MMD杯本選】秘密結社ウタの爪~MMDより愛を込めて~
 タイトル通りのすばらしいパチもん。ただいま人気急上昇中のデフォ子さんが吉田君ポジションで登場。総統役はテトだが、ドリル以外のテト要素は皆無。動画の左上に浮かんでいる「ピザを注文する」ボタンを押すと本当にピザを注文できるところが無駄にすごい。Lat式さんがデラックスファイター役というのが不思議と納得できる。色も似てるし(そこか)つかLat式って親がヤンキーのアイドルみたいなとこあるよな。(は?)

【第8回MMD杯本選】ルパン三九
 ルパン三世OP('80)をMMDとボカロで再現…といってしまえばそれまでだが、再現性がハンパない。再現性といえば 【第8回MMD杯本選】仮面アイドル555 もすばらしいのだが、こちらは再生規定時間を超えているためエア参加となっている。




スポンサーサイト

テーマ:動画紹介 - ジャンル:その他

ボドゲ感想

友達とボードゲームやってきた。以下ボドゲ。

・クウォリアーズ!
・7Wonders(世界の七不思議)
・シガラミ
・カプコンカタン

うわさのクウォリアーズは俺も良ゲーだと思った。いちおうデッキ成長型に分類されるんだとは思うが、手版でやれることは少なく、勝利点の獲得方法もモンスターの生存+αくらいしかなくて簡単。戦略とかコンボとか考えることができる一方、袋からダイスを取り出すときの運とさらに出目という運要素の高さからそう簡単にはハマらないので、初心者がタコなぐりってことにはなり難いんじゃないかと思う。シャドウハンターズにならぶ鉄板ゲーになりうるのではないか。使うダイスがものすごい多いけど、場に出すカードは少ないので卓は意外とすっきりする。

7Wondersは国土発展ゲーみたいなやつ。そして複雑で勝利点の獲得方法が多いやつ。プエルトリコとかに近い。この手のやつは1ゲームに相当時間がかかるのが常だが、7Wondersはその問題をうまいこと解決していると思う。ゲームには、ルールが複雑であればあるほど楽しいという面がある一方、2回やらないとよくわからないというのも正直なところなので、複雑さ(勝ちパターンの多さ)とプレイ時間の短さを両立させたのは画期的だと思う。ただプレイヤー全員がいちどに行動するため、他のプレイヤーの動きをじっくり観察できず、駆け引き感は薄まりがち。でもやっぱ良ゲー。

シガラミは導入がめんどくさすぎるが、やってみると白熱する。初期状態の自分がフルスペックで、機能を落とすことで得点が増やせるというジレンマを抱えつつ、他プレイヤーとのかけひきでも悩まされたりして。でもコンポーネントのワクワク感がなさすぎる。ボドゲにおけるコンポーネントのワクワク感ってのは、ラノベの挿絵と同じくらい重要だと思う。

カプコンカタンについてはもはや説明不要。ただ、俺はカタンをやるのは3回目くらいだが、このゲームはやっぱよくできてるなと思った。卓を囲んでワイワイやる楽しさを考えてあるというか。運の要素もあるし、口がうまいやつが勝ったりする、隙というかアソビみたいなもんがある。7Wondersなんかは洗練されてるけど、たぶんオンラインでやってもリアルでやっても、プロセス自体はあんまり変わらないと思うんだよね。人狼なんかもそうだけど、喋ったり、顔色をうかがいながらやるゲームってやっぱ楽しい。

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

渋谷で七時にボードゲーム

雲上回廊の秋山真琴さんと2人でボードゲームやってきた。
面白かった。秋山さんはプレイ中ものすごい真面目だった。僕はあいかわらずダメな感じだった。
つーか2人で楽しめるゲームがこんなにあったとは

・R (2人用)
・RRR (2人用)
・バトルライン (2人用)
・ドメモ (2人でもやれる)
・ブロックス トライゴン (2人でもやれる)

ボドゲで2人用って結構すくない。ので、本来は多人数用のを2人用ルールでやることになったりするのだが、いちおう2人でもできるけど2人だとあんまり面白くない場合もあったりするので、その点ドメモとブロックスはすばらしい。

『アイデアル・ワールド』を書いていたときに、作中に登場させる2人用のゲームがなかなかいいのがなくてあれこれ悩んだりしたのだが、ドメモを知っていたら使っていたかもなーとか思った。駆け引きが楽しいゲームだし説明しやすいので。

関係ないけど明日の出張がなくなって助かった。

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

なにがいいって空気がいい

毒ガスってあるけど、いいガスってあんまり聞かないね。
喘息が治るとか。肩こりがよくなるとか。
筋肉が強まるとか。
山なんかにいって、空気がうまいなーとはみんないうけど、どっか調子がよくなるんでもないしね。
空気がうまいからこそタバコがうまい、なんつって吸っちゃうやつとかいるし。

テーマ:その他 - ジャンル:その他

COMITIA96に遊びにいってくる予定

あした(5/5)はCOMITIA96に遊びにいく予定。
挿画でおせわになっているパルス編集部さんが出展されるそうです。(し30a) 『うみのと』新刊頒布予定との事。まにあえ!
それとpanpanyaさんがSF研究会としてではなく個人で出展されるみたいです。(せ01b) 新作と再録本があるそうで、たのしみです。
あっsdtさんも出展されるみたいですね!(と28b) 『ドールハウスの童話』の挿画を描いてくださった方です。漫画じゃなくて文芸カテゴリなので注意が必要。sdtさんの絵は文芸と相性がいいと思います。
そして忘れてはならないのは我らがみすてー師匠のMisticBlue(て06b)どうなるコピー誌。
ティア終わったら自分の本ラストスパートだ。

テーマ:同人活動 - ジャンル:サブカル

またきて4月

その4月ももう終わるという。
去年の秋くらいから、昼は本業、夜は同人という修行じみた暮らしをしていましたが、文フリが近づくにつれ諦めの境地に達しつつあり、なんか逆に余裕がでてきましたよ。幻想じみた余裕が…
入稿まであと1か月ちょい。なんとか文フリで新刊出せるといいなあと祈っております。俺が祈っちゃだめだろ。

あと近況としてはまどか面白かった。ラストもさることながら、あの10話はすごかったな。津軽海峡冬景色の歌い出しに匹敵するすごさだった。

TAT-HONの件

クリスマス商戦が始まるのが早すぎるせいなのかしらんが、
毎年11月の半ばになると「今年はこうだった」という話をしだす輩が増えるな。
まだ1箇月以上あるのだぜ。
とりわけ12月12日の第5回TAT-HON(http://tat-con.upper.jp/hon)が終わるまで今年は終わらない。

ところでそのTAT-HONであるが、
なんと来年の開催は無いそうです。
これは結構ショッキングなニュース。
参加受付は11月20日までなので、まだ受付してないひとは急いだほうがよいでしょう。
でないと伝説のイベントに参加するチャンスがしばらく遠のくぜ。

テーマ:その他 - ジャンル:その他

ジャバウォッキーかもしれない

[MAD] ジャバウォッキーかもしれない
http://www.youtube.com/watch?v=taofF5Rgbmw

movie - Jan Švankmajer "Jabberwocky".......music - たま "電車かもしれない"


これはすばらしい。これをまっていた。神PV。一目見て俺の神PV集に加えることを決めた。

ちなみに神PV集にはこんなのがあります。
・神聖かまってちゃん『23才の夏休み』
http://www.youtube.com/watch?v=31zyPyrAkNQ
・きれいなジャイアン『恋愛サーキュレーション』
http://www.youtube.com/watch?v=aVNEmVe7Zf4&NR=1
そして忘れちゃいけない
marib氏『エヴァ魔女どれみ』
http://www.youtube.com/watch?v=en5CK-4h9iM

つかこんなんあってビビった。

テーマ:画像・動画 - ジャンル:サブカル

ウボァー

うさだ秋山さんお誕生日おめでとうございます。

年齢、それは重ねるもの。

父親からなんかメールがきたので
「暑い」と書いて返信したら
「河童でも団体で連れて来い」という返事がきた。
…河童って暑さとなんか関係あんだっけ
何も考えられん
ねむい
原稿
あー

テーマ:今日のブログ - ジャンル:ブログ

«  | HOME |  »

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

0tas

管理人:佐藤(サークル代表)
0tassat0@gmail.com
http://twitter.com/0tas
同人誌の情報はカテゴリー→告知をご覧下さい

 

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

 

アンテナ

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。